【Japanese】 紺屋

本日は西新橋のお蕎麦屋さんに久しぶりにやってきました。

虎ノ門に近いところまで来ると、歩いているサラリーマン、OLの雰囲気も
一味変わって、いつものオッサン新橋、セレブ銀座とはちょっと違う世界。
新たな街を歩くだけで、またちょっと新鮮な気持ちになれるものです。

そんな街にぴったりのお蕎麦屋さんがコチラ、紺屋です。
お蕎麦屋さんって、庶民的な感じで、質素な概観のさりげないお店が多いですが、
ここは、居酒屋のようなテンションで、大変目立ち、お昼時にはサラリーマンで
いっぱいになっています。

e0156839_9175047.jpgこうやって見ると、趣あっていいものね~♪

店内も、外のテンションのまま凝ったつくりになっています。

e0156839_9175717.jpg一人席。サラリーマンが肩を寄せ合って、みんなおそばをすすっています。


e0156839_918421.jpgダルマさんが並んでいる姿がちょっとかわいい。お正月聞くようなあの音楽も流れ、気分は久しぶりにわふぅー。


メニューは、おそば・おうどん、温かいの・冷たいのが、たぬき630円から
たくさんの種類があり、選り取りみどり。(●^o^●)
単品だけでなく、ご飯とのセットも充実しており、多くの人が注文していた
季節のキノコ蕎麦と明太子ご飯のセットも気になったところなのですが、
なぜか、えりぴょん、最近のマイカレーブームのせいか、カレー南蛮に
目がいっちゃいました。。
あこがれのお蕎麦屋さんのカレー、今日は、純粋にお蕎麦を食べに
来たのになぁ。。と思いながら、カレー南蛮(もち、うどん)を結局チョイスしちゃいました、
お値段は、お手ごろ価格の740円です。

e0156839_9181078.jpg

ほどなくして出てきたカレー南蛮ちゃん。
見た目は、結構、ドロっとしているかんじで、あまり美しそうではありませぬ。。
お味はというと、うーん。。これまた、イマイチィ。。。笑
なんというんだろう、味の基本はカレーなのでスパイシーさが表面にあるのですが
土台となるおつゆのダシ部分が主張しすぎたのか、ちょっとショッパイく、
ショッパイカレーになってしまっているのです。
辛いカレーはいくらでもありますが、ショッパイカレーとは初めて。
しかも、必要以上にドロっとしているので、うどんとの絡みはいいのですが、
カレーのさわやかさが感じられずに、重々しいかんじに。
おうどん自体も、太麺なのですが、コシやもっちり感がなく、もたもたした
印象で、ちょっと物足りないです。

確かに、ここのお蕎麦は、ザ・普通、というかんじの可もなく不可もなく系
ですが、カレー南蛮はもうちょっとイケてることを期待していただけに、
残念。。。

お店の雰囲気はステキだし、お値段もお手ごろ価格、フロアのおばちゃん達も
威勢が良く、メニューも充実。
あと足りないのは、味だけなのかもしれません。。もったいないです。

今日の一件で、お蕎麦よりも、カレーうどんへの想いが募ります。
古奈屋よりウマいカレーうどん、どこかにないものでしょうか。

お味      ★★☆☆☆ (カレー南蛮的には、ふたつだなぁ。。ゴメンっ。)
雰囲気    ★★★★☆ (琴のBGMとか、和風っぽくて結構好きです。)
イケてる度  ★★★☆☆ (もうちょっとお味頑張って!期待してます)

■そば茶屋 紺屋
港区西新橋1-12-6 第2富士ビル
03-3519-8586
[PR]
by tazotea | 2009-09-04 23:17 | ランチ@新橋
<< 【Korean】 韓家 【Spanish】 Venga... >>