【Japanese】 然

汐留のビル群の中でも、もっとも地味だなぁと感じるのが、共同通信が入る、
おにぎり形のビル、汐留メディアタワー。
えりぴょん視点だと、ビルのイケてる度は、そのビルのテナント、特に入っている
お店、レストランに比例すると考えているのですが、そのルールに従うと、
まさに、汐留メディアタワーは、メジャーでない地味なお食事屋さんが数件
入っているだけで、レストラン街もクラーイかんじで、汐留とは思えない独自路線。
パークホテルが入っているビルとはとても思えないのですが、そんなビルならではの
お店として、この1軒があるでしょう、本日のお目当ては、こちら然です。

e0156839_8563571.jpgお店の外観も、洗練というよりは、手作り&アットホーム。


e0156839_8571059.jpg店内は、定食屋さんのよう。男性サラリーマンの数が多いです。

このちょっと肩の力が入らない庶民的な雰囲気のせいか、お客さんは、
汐留のお店とは思えぬくらい、サラリーマン、特におじさんの数が多いです。
さらに、これまた、汐留のお店ではなかなか見ない、一人客も結構います。
メニューは、日替わりが780円からとこれまた汐留とは思えぬ価格!
えりぴょんは、大人気という豚の生姜焼き丼をオーダーしました。
お値段は、これまたお安い840円です。

e0156839_8571866.jpg


おぉぉぉぉ、デカイ!!
豚の生姜焼きが、これでもかっ!と大盛りに盛られて、溢れんばかりの勢い。
ものすごいボリュームです。(●^o^●)
お味は、これだけの量を食べれるくらいに、濃くなく、ちょうどよいあんばい。
お肉は薄切りなので、意外にもパクパク食べれてしまいます。
真ん中に、温卵があるのもイイですよね。まろやか度が加わって、
味の変化があり、この量なのに、具の部分は完食してしまいました!

魚メニューも、大きいお魚がドンと出て来て、ボリューム満点。
おじさんたちがご飯とともに、かっこんでいる姿が、なんかいいですね。
自然派のお店ということで、ご飯は、玄米、白米からチョイスもでき、
さらに、みそ汁もお替わり出来ます。
このカジュアルな雰囲気と、ボリュームと、そして、この価格、3拍子揃って
まさに、オヤジのハートを掴んだ1軒なのでしょう。
ダサイ、ダサイと連呼しちゃいましたが、おじさんたちにとったら、ここは、
オシャレ汐留で、唯一大手を振っていられるオアシスかもしれないですね♪
汐留の中の新橋、アットホーム度満点で、何よりこの価格がエラいです。
雨の日に、また来まーす♪

お味      ★★★★☆ (おふくろの味のようなアットホーム感)
雰囲気    ★★★☆☆ (定食屋さんのようなので回転も速い)
イケてる度  ★★★★☆ (汐留の中のオヤジオアシス)

■食通工房 然
港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワーB2
03-3573-4251
-----
 *ランチブログランキングに参加しています!* 
 *楽しんでいただけましたら、クリックにほんブログ村 グルメブログ ランチへしていただけると、うれしいです(●^o^●)*
-----
[PR]
by tazotea | 2009-10-25 23:55 | ランチ@汐留・イタリア街
<< 【Japanese】 ふぐ源 【Japanese】 葱や 平吉 >>