【Japanese】 あさみ

銀座木挽町。
それは、なんて、ステキな響きなんでしょう。。
ちょっと粋っぽいかんじがして、なんか、心躍ります。
今日は、そんな木挽町の名店、あさみに名物の鯛茶漬けをいただきに参りました。

えぇ、なんせ、お相手は、夜は高くて決して行けないような高級料亭でございます。
ランチだというのに、前日から、しっかり予約までしてしまいました。

意外に銀座のハズレにある、あさみちゃん。
雑居ビルの中から、突然、凛々しい姿が見えました。

e0156839_14495587.jpg11時半オープンに、11時半に予約。まだお客さんも少なくて、ひっそりとした佇まい。
のれんがぴらぴらぴら。


お店の中に入ると、カウンターがすぐに見えます。
予約をしているため、注文しなくても鯛茶漬けだとわかってくれて座っているだけで、OK。
待っている間も、目の前では、プロたちの無駄のない動きが見えてとても楽しい。
不思議とこちらも背筋が伸びます。

e0156839_1450429.jpg板前さんは、タイチャだけでなく、これまた名物の緑高弁当を作ってます。いつか食べたい。


待っていると、すぐに、小鉢が出てきます。
酢の物と、水菜の煮浸し。
江戸切子の器できらきらの酢の物も、ダシの奥深い味わいが感じられる煮浸しも
思わず、ため息が出てしまう一品。
こんな当たり前の、家でもフツーに食べるものなのに、なぜに、こんな違うんだ!?
と疑問になります。

そして、タイチャのご登場です。

e0156839_14501580.jpg

ぷっくりした鯛がまったりのごまダレに絡められて、見ているだけでドキドキ。
ここでオススメの食べ方は、まずは、ゴマダレの香ばしさを味わうべく、
鯛をそのままいただきます。
はぁぁぁぁぁ。
めちゃくちゃ美味しいぃぃぃぃぃぃぃ(●^o^●)

鯛が本当に新鮮で、ストレートなかんじで、それに、ふかーいごまダレが絡んで、
もう、On/Offの感覚っていうのかな、対照的なもののマッチングが最高です。
そして、トドメは、鯛を御飯にかけて、タイチャへ。。

はぁぁぁぁぁ。
幸せ。。。。
ここは、もうワタクシが語るべく必要はございません。
どんな言葉より、食べるのがイチバンです。

ちなみに、これで、お値段は、1500円です。この格式で、この内容で、この価格はとてもお値打ち。

銀座のそばで働けて、本当によかった。。と心から思える至福の時間でした。

お味      ★★★★★ (鯛茶漬けってこういう世界だったのね。。)
雰囲気    ★★★★★ (割烹のランチ時の賑わいも、また良し)
イケてる度  ★★★★★ (何度も再訪してます。ステキなひとときを)

■あさみ
東京都中央区銀座8-16-6 ときわぎ館 1F
03-5565-1606
[PR]
by tazotea | 2008-12-08 22:48 | ランチ@銀座(6-8丁目)
<< 【Cafe】 DOUGHNUT... 【Japanese】 和幸 >>