カテゴリ:ランチ@銀座(6-8丁目)( 39 )

【洋食】 ローマイヤ

本日は、久しぶりに中央通りのお店へ向かいました。
銀座中央通りには、たくさんのお店とともに、飲食店も数多く並んでい
ますが、ランチの時間帯にお手ごろ価格で、大満足なお店となると
これまた、狭き門となってくるもの。その中でも、お気に入りのひとつが、
こちらのローマイヤ。
ローマイヤって、よく知らなかったのですが、日本にロースハムを
広めたローマイヤさんの名前から取られていて、このお店も、そこの直営店
らしい。そーいや、ローマイヤっていうハムやさんをデパ地下で見るなぁ。。

さて、そんな伝統あるお店が運営するレストランは、雰囲気こそ、親しみやすい
カジュアルなかんじですが、お店の中は、ひとつひとつに思いがこめられた作りで、
最近の安っぽい、ハリボテなお店とはちょっと風格が違います。。
店内は、ドイツらしく、木目調の重厚な様相。でも、あくまで、カジュアル感は
あるので、緊張してしまうようなかんじはありません。

e0156839_11145581.jpg壁の絵やシャンデリアがかわいい。壁には、暖炉のようなものもあって、ステキです。。

e0156839_11159100.jpgローマイヤのレストランのロゴ?である、オモチャの兵隊の絵(たぶん)なんと、床にも大きく描かれています。お客さんがいっぱい入る前だけに分かるこの絵を見れて、ちょっとうれしい♪


特に、感動したのは、机に彫られた「R」のロゴ。
机なんて、お皿を置いてしまったら見えなくなってしまうところですが、表面に
「R」のロゴが彫ってあるんです。こういう手の込みようは、なかなか見れないですよね。

e0156839_11151447.jpgコースターと一緒に並べて。どれも、ちょっとレトロなかんじ。


さて、ドイツ料理のお店ですが、ランチメニューは広く洋食なかんじで、
ハンバーグ、ドイツ風煮こみ、パスタ、オムライスと並ぶ中、えりぴょんは、
唯一、「特製」と名前のつくメンチカツをチョイス。980円です。

ランチメニューには、すべてサラダとスープがつきます。
セットのスープというと、普通、お野菜がコロコロ入ったコンソメスープ的なものが
多いのですが、今日のスープには白身魚が入っていて、ちょっと得した気分です。

e0156839_11152130.jpgサラダやスープを食べながらメインを待ちます。店内が面白いので、ぐるっと見渡しながら、メインを待ちます。

さぁ、これが「特製」メンチカツです。

e0156839_11152876.jpg

「特製」といわれるゆえんはなんだろう。。まず、第一印象は、「デカイ!」
メンチカツ、私の手のひらくらいあるのかな、1枚だけど、かなりの大きさです。
お味は、というと、サクサクジューシーで、肉汁がしたたって、ウマイー!(●^o^●)
ともすると脂っこい?と感じてしまうところのギリギリで止まっている、
最高のサクジュシ度です。そこに、ドミグラスソースがどどっとかかって、
このソースに絡めると、サクジュシのお肉のストレートなお味に、いろいろな方向の
お味が加わって、さらに美味。メンチカツというと、普通は、普通のカツ用の
ソースをかけることが多いと思いますが、ドミグラスソースをかけるメンチは
ここが初めて。メンチのジューシー+ドミグラスソースは、なかなかの
組み合わせですね。これぞ、ローマイヤの独自の「特製」たるゆえんでしょう♪

お肉をがっつりいただき、おなかもいっぱい。お口の周りも、しっかり、
お肉の汁でいっぱいになったところに、最後、デザートがでてきました。
オレンジのココナッツゼリーのさわやかさが、最後まとめてくれました。

いつも、メンチに弾かれてしまいますが、次は、限定、20食のハンバーグも
食べてないなぁ。また来ます!

お味      ★★★★☆ (「特製」のメンチでおなかいっぱい)
雰囲気    ★★★★★ (カジュアルなドイツ風。居心地がいい。)
イケてる度  ★★★★★ (なんか応援したくなるお店のひとつです。)

■ローマイヤ
中央区銀座8-8-5 太陽ビル2F
03-6215-6215
[PR]
by tazotea | 2009-08-03 11:14 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【Italian】 RIGOLETTO KITCHEN

今日はコリドー街の人気店、リゴレットキッチンにやってきました。
ここは、夜もランチも大人気のお店。
ディナーもとても混んでいて、えりぴょんは何度か予約を試みましたが、
金曜日だったせいか、まだ一度も取れたことがないのです。。
なので、夜は知らぬ世界ですが、ランチは、お気に入りの一軒です。

お店は地下にあり、螺旋階段をくだります。
この螺旋階段が、すごく美しい姿で、一瞬息を呑んでしまいます。
上から見下ろすと芸術みたい。螺旋階段って、最近、なかなか
見ないので、ここに来ると、なんかちょっとワクワクしてしまいます。

e0156839_10384519.jpgぐるぐるぐるぐる。。。。上から見る渦巻きは、なかなか美しいです。

e0156839_10385273.jpg入り口はが見えてきました。ポップなかんじのネオンもまたかわい
い。



お店の中に入ると、12時前だというのにかなりの混雑ぶり。
そして、入った瞬間にニンニクの香りがすごい押し寄せてきました。
ここは、名前に”キッチン”とあるように、かなり大きいオープンキッチンなんです。
なので、調理している音も香りもダイレクトに押し寄せてきて、
たくさんのお客さんの声とともに、躍動感があります。

e0156839_1039184.jpgキッチンの前の席に座ると、調理している姿が見える。こっちはじーと見ちゃったけど、むこうは恥ずかしくないのかなぁ。。


さて、ランチメニューは、パスタ・ピッツァがあり、追加で、サラダ、ドリンク、
デザートをつけられるというセット。パスタの価格帯が600円〜900円で
+250円でドリンク・サラダというかんじなので、選ぶパスタによっては、
1,000円を超えてしまうのがちょっと残念なところ。
えりぴょんは、大好きな4種のトマトアラビアータ(700円)のサラダ・ドリンク
セットで、950円です。

ちなみに、どのセットにも、一口サイズのジュース、または、ワインが
ついてきます。最近、こういうサービスのお店が増えましたね。
まずはサラダちゃんがやってきました。
セットのサラダは手抜きが基本な中、ここのは、ボリュームたっぷりで、
お味もGood!で、サラダでも期待して食べることが出来ます。

e0156839_10394541.jpgパリパリのフレッシュなレタスになぜかひじきが。でも、不思議とあって、美味しい。ドレッシングもしっかりとしたお味で、サラダも楽しめます。

パスタを待っている間、目の前のキッチンを眺めていたのですが、
そこで、ふと気付きました。
パスタは、オーダーをまとめていっぺんに作るのではなく、一皿・一皿
ちゃんとつくっているのです。
まず、オーダーにあわせて、フライパンに1皿分の必要なソースを入れて、
台の上にフライパンを並べておきます。
その後、別の人が、茹で上がった麺を、用意していたフライパンに投入し、
1分くらいソースと麺を絡めて出来上がり!
3人目の人は麺を用意したり、最後の盛り付けをしたり、ジェノバソース
のようなフライパンにかけないソースと絡めたり、という流れ作業に
なっていました。
その連携スピードはなかなかで、一皿ずつつくっていくのはとっても
大変でしょうが、3人でどんどん調理していきます。

e0156839_1039877.jpg火にかかる前のフライパン。ソースを盛られて、準備万端!最後の仕上げを順番待ちしています。

ほどなくして、ワタシのアラビアータちゃんもやってきました。
e0156839_10395462.jpg

おー、お皿はかなり大きめですが、パスタは上品に盛られたかんじで、
ちょっと高級店のようなかんじです。
お味はというと、これが、めちゃうまー!!(●^o^●)
4種のトマトというだけあって、トマトの味がとっても濃厚、かついろいろな
お味がする中、パスタが手打ち麺なのか、モチモチモチの最高にモチモチ!
モチモチ麺にソースがこれ以上なくいい感じで絡んで、とっても美味です。
なかなか、これだけの麺は味わえないもの。
これで、単品700円はとってもリーズナブルですなぁ。
そこらの高級店のちょっとお高めなランチパスタより、よっぽど満足度
が得られます。
ちなみに、パスタはこのような定番のものから、季節ものまで種類も豊富、
麺も生麺から乾麺まで、内容に応じて使い分けているよう。
このお値段で、そこまで凝っているのは、なかなかないです。
男性には量が少ないので、大盛りにする人も多し。
これなら、私も大盛りにしたいくらい!

味よし、雰囲気よし、そして、私の大好きな螺旋階段♪
ランチに大人気のお店も納得です。ぜひ夜も行ってみたいなぁ。。!

お味      ★★★★★   (目の前で作ってくれるパスタ、美味!)
雰囲気    ★★★★★   (夜は幻想的なかんじになるらしいです。)
イケてる度  ★★★★☆   (パスタによっては1,000円超え。残念。。)

■Rigoletto Kitchen
中央区銀座8-2-1 ニッタビルB1F
03-5537-3351
[PR]
by tazotea | 2009-07-28 10:30 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【洋食】 Sun-mi高松

今日は、どこにしようかなぁと悩みながら同行者と歩いていた、
銀座7丁目の裏通り。銀座は、裏通りといっても、お店がたくさんあるから
さすがだなぁと思いながら、和食、カフェ、スペイン、フレンチと
迷いながら、本日のテンションということで、洋食にしました!
やってきたのは、Sun-mi高松 銀座7丁目店です。
このサンミタカマツって、銀座にはいくつか店舗があり、4丁目にある本店は
3階から8階までレストランという巨大さです。
ここ7丁目店は、高級レストランというより、パーティースペースというかんじで、
ランチはリーズナブルなお値段でいただくことができます。

ただ、パーティー使用といっても、カジュアルな少人数なパーティー用ではなく、
フォーマルな立食パーティーとかをしちゃう、ホテルの宴会場のようなところ。笑
ランチといえども、絨毯の上で、シャンデリアが輝く広々としたスペースに
テーブルが並べられていて、昼だけど、完全に夜の雰囲気なのが面白い。
なんか、すごい違和感があります(●^o^●)

e0156839_187642.jpgこれは、ホテルの宴会場!?


メニューは洋食系で、ステーキ、ハンバーグ、オムライス、ビーフストロガノフ、
ドリアと洋食の定番系がならびます。
えりぴょんは、やっぱりここは!と思い、ハンバーグをオーダー。
ソースは、デミグラスとあさつき醤油から選べ、デミグラスをチョイスしました。
お値段は、1,000円なり。

さて、どのメニューもスープ、サラダバーとドリンクがセットでつきます。
早速、サラダバーに向かうのですが、さすが、立食パーティー使用。
サラダバーも豪華で、デザートの小さなパウンドケーキとかもあって、うれしい♪

e0156839_1871476.jpgサラダバーの後ろにみえるコックさんは、スープを注いだり、カレーを盛り付けたりしています。本当に、なんか、ランチのお店のようなかんじではないですよね。笑


e0156839_1872242.jpgサラダの種類もたくさん!私は量は控えめですが、皆さん、たっぷりとっています。ドリンクも飲み放題なのがうれしい。

スープはウェイターさんによってお席に運ばれてきます。
サラダを食べながら、周りを見渡すと、この広い宴会場にあふれるお客さんの
中で、女性はうちらしかいないではないですか。。!
確かに、このお店は、裏通りにあり、さらに、ビルの奥にあるので
わかりづらいと言えばわかりづらいが、それは男性にも同じはず。。。と
思いながらも、半分、納得。。
なんか、この昼間のテンションにまったく合わない雰囲気に、テーブル
並べられて、知らない人たちとパーティーしているようで違和感ありあり。
でも、1,000円でガッツリ洋食、サラダバー、ドリンクが食べるとあれば、
見た目こだわらない、質実剛健な男性に愛され、オジサン割合がドンドン
増えて、さらに女性の足が遠のく。。というかんじでしょうか。苦笑。
銀座で、洋食を出すよなこぎれいなところなのに、ここまで男性比率の
高いお店もめずらしいです。

さて、メインのハンバーグちゃんがやってきました!
e0156839_1873196.jpg

デミグラスソースに、上にハンバーグがのっていて、これぞ、ハンバーグの
王道スタイルってかんじですね。
お味はというと、うーん、まぁ、普通にハンバーグでした。
デミグラスソースが結構、赤ワインが効いているお味で、ソースにちょっと
特徴があるかなぁというところですが、お肉はいたって普通。
付け合せの野菜も超普通なアレンジで、ザ定番というかんじです。
こうなってくると、ランチ探検隊のえりとしては、面白みがないなぁと
なってしまうのですが、このお店の違和感全開を考えれば、このお味の
普通さも、またしかり、というかんじ。奇をてらわず、誰からも愛される
普通道を究めているかんじです。

このお店は、味を楽しみにくるのではなく、このお店のノリを全体で
楽しむのがポイントですね。なんか、新鮮です。
最後に、ウェイターさんも、夜で鍛えられているのか、ソツのない動きで、
サービスレベルが高い!ナイスなところです。

お味      ★★★☆☆ (可もなく不可もなくが大切)
雰囲気    ★★★☆☆ (男性ばかりが昼間からパーティーのよう)
イケてる度  ★★★☆☆ (トータルとしてみて面白いです)


■銀座 Sun-mi高松 7丁目店
中央区銀座7-13-20
03-3546-8181
[PR]
by tazotea | 2009-07-24 18:07 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【French】 La Marie Jeanne

本日は、大好きなフレンチ料理のお店、ラ・マリー・ジェンヌへ行きました。
銀座のフレンチのランチとなると、やっぱりお値段はそこそこしてしまうのですが、
ここは、1,000円からフレンチがいただけます。
さらに、ただのフレンチというわけではなく、野菜をふんだんに使ったお料理を
提供してくれるという、常にお菓子とアイスまみれのえりぴょんにとっては、
毎日でも通いたくなる一軒なのです。

ただ、知名度はあまりないのか、いつ行ってもすいています。
というのも、場所が非常にわかりづらい!住所でたどり着いても、そこから、
お店はどこ?というかんじで、ただ通りを歩いている人では、
なかなか発見しづらいのかもしれませんね。

e0156839_8525127.jpg中央通りから数本、昭和通り側に入った通りにあります。メニューはこっそりと出ていますが、目立たないので、苦笑、大量に並んでいるワインボトルが目印。お店は奥の階段を下りた地下です。


お店の中は、ランチ時間帯も夜のように、暗いかんじで雰囲気満点。
テーブルの上には、バラの花が一輪ずつ飾ってあって、とってもキレイ。
そして、夜はさすがフレンチとあって、ワインがウリのところらしく、
カウンターにはたくさんのワイングラスが並んでいて、キラキラしていました。
昼間なのだけど、ちょっと、うっとりしてしまいますね。。♪

e0156839_853018.jpg生花が飾ってあるお店って、以外に少ない。こういう細かいところへの気遣いがお店の人の姿勢をかんじます。


e0156839_853874.jpgお酒の向こうには、キラキラ輝くグラスたちが見えます。ぼぉーと眺めているだけで、なんか時間が過ぎてしまいます。。

さて、ランチメニューは、本日のお魚とお肉からチョイスできます。
今日のお肉はメンチカツ、お魚はスズキのポワレでした。
迷いながらも、えりぴょんは、お魚をチョイス。1,000円です。
+300円でスープやデザートなんかも追加できます。時間があるときには
ゆっくり食べたいものですなぁ。

まずは、一口分のワインのサービスがあります。
ここで、お酒を飲めないワタクシは、残念ながら断念。ワインは、
お肉、お魚にあわせて、それぞれ赤・白を出してくれるこだわりよう。
やっぱり、夜はワインな世界なんでしょうね~♪
そして、普通のお店はサラダや小さな前菜がまず出てくるのですが、ここは、
そういうのが一切なく、いきなりメインです。
えっ、野菜がいっぱいなお料理なのに、いきなりメイン?と思うなかれ、
見てください、この野菜尽くしのメイン料理を!

e0156839_8531454.jpg


デデーンと山を築くくらいの大量のお野菜たちに、スズキちゃんが半分
隠れています。すごい、こんだけの野菜が乗っているプレートはここが最高!
しかも、この野菜の種類、見てください!
えんどう豆、チコリー、アスパラガス、カリフラワー、ナス、チンゲンサイの
ようなもの、インゲン、じゃがいも、ズッキーニと、野菜ちゃんたちの
大パレード。こんだけの種類をいっぺんに食べられることもなかなか
ないですよね。これらお野菜たちが、丸々1本とか、豪快に盛り付けられ
さながら森のよう。下には、お豆ちゃんたちの池が広がっています。
お味はというと、これまたびっくり。
お野菜ひとつ、ひとつの個性を活かしながらも、しっかりとしたソース
のお味がついていてとっても美味!この味はなんなんだろう。。
ニンニクベースのジューシーなお味がします(●^o^●)
野菜に興奮しながら食べ進めていって、やっと、スズキちゃんとご対面。
スズキちゃんも、こんがりグリルされ、パリパリと脂と、スズキのさっぱり
がいい感じにミックスされていて、本当に、おいぴぃぃ。。

ちなみに、サブにフランスパンがつきます。
これが、また、おいしーの。こういうサブに感激させられるお店って、
本当に実力があるところのような気がします。

見た目には、それほどボリューム感がないようですが、たくさんのお野菜
でおなかはいっぱい。そして、何より、心がいっぱい♪
何度も何度も通いたくなる、大好きなお店です。

お味      ★★★★★ (野菜のパレードがこんなに美味しく♪)
雰囲気    ★★★★★ (店員さんも静かながら、フレンドリーです)
イケてる度  ★★★★★ (愛するお店のひとつ。ステキです。)

■La Marie Jeanne
中央区銀座7-12-5 貝新ビル B1F
03-3545-2060
[PR]
by tazotea | 2009-07-23 22:52 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【Japanese】 ととりべ

今日は、いつもよりちょっと緊張感をもって、お店へ向かいました。
本日の一軒は、何度行っても、ちょっと背筋が伸ばしたくなってしまうような
尊敬するお店なのです。

場所は雑居ビルの地下一階と非常にわかりづらいところにあるのですが、
入り口の前にくると、お店の暖簾が見えて、おぉ、こんなところに、
こんなお店がぁ!というかんじです。

e0156839_1552316.jpg外にメニューとかは出ていないのですが、安心して引き戸をひいてください♪

ここ、ととりべは、鳥料理の専門店です。そんなお店のランチといえば、
当然のごとく、親子丼!この親子丼を求めて、こんな分かりづらいところ
にもかかわらず、ランチには近くのサラリーマンでいっぱいになる
大人気のお店なのです。店内は、カウンター席と、テーブル席がいくつか
だけなので、12時前なのにお客さんでいっぱいです。

ととりべの親子丼のウリは、さすが、鳥料理の専門店だけあって、
なんと、肝入りの親子丼なんです。もちろん、肝を入れない親子丼もあり、
焼き鳥丼やそぼろなんかもありますが、ここは、迷わず、肝入り親子丼を
オーダーしました。お値段は、銀座にしては格安の800円です。

ちなみに、プラス200円でおうどん付にに出来たり、12時まではご飯の
大盛りが無料だったり、煮なす、おからなどのおかずもプラス各100円で、
追加できたりと、かなり良心的なランチ価格の設定です。
ちなみに、この追加おかず、本日はオーダーしなかったのだけどとっても美味で、
夜への期待感も高まってしまう一品です。

さて、オーダーした後の待っている間に漬物がデンと出てきました。
とり放題で、これを食べながら待っていてくださいね、ということなんでしょうね。
しかし、えりぴょんは、ここは、親子丼のためにグッと我慢。。
ただ、ひたすら、トロトロを待っていました、そしてご登場です。

e0156839_15521383.jpg

きゃぁー♪♪♪
肝入り親子丼ちゃん、です。では、ひとくち。。
うううううううまぁーい(●^o^●)
卵がトロトロなのはもちろんのこと、さすが鳥専門店とあって、鶏肉がうまい!
肝は、濃厚で鮮度抜群感が伝わってきます。普通の鶏も、卵とダシの濃い
味にぴったりとマッチングして、ホント、おいぴぃぃ。。。♪♪
ご飯がちょっと多いかなぁ?というかんじでしたが、いつもなら残してしまうワタクシも
気づいたら、ガツガツ食べこんでいました。
でも、ここで、箸やすめとして手を伸ばす、スープもこれまた美味。
鶏のダシとコラーゲンたっぷりの、スープちゃんまでトロトロです。
もう、大満足で一気にかっ込み、後半は汗が出るくらいでした。苦笑。

最後に、そんな興奮したワタクシをなだめるように、杏仁豆腐のデザート
まで出てきます。あぁ、なんて、涼しげなぁ。。
そして、これもまた、どうして?ってかんじの美味しさ。この一品だけで
そこらの杏仁豆腐を自慢しているお店に勝てる気がします。
えりぴょん、もう、幸せ。。

e0156839_1552386.jpg木のスプーンがいい。味はすっきりしながらも、濃厚です。もっと食べたい!笑

新鮮な鳥肉を、抜群に美味しくしてくれた親子丼にサブメニューたち。
コレだけの品の内容に本当に頭が下がるのですが、ととりべのすごいところは、
これに、お店の人たちの接客力の高さが加わります。
店内でサーブを担当するおばちゃんたちは、とてもお上品だし、何より
感動するのは、お品が提供されるときに、調理場から「お待たせしました」
お会計のときは「ありがとうございました」と声が聞こえるのです。
ランチ時にとっても忙しいだろうに、その一声が出てくるなんて、感動。。

いろいろな意味で、感動をもらうステキな一軒です。

お味      ★★★★★ (マイ・ベスト・オブ親子丼!)
雰囲気    ★★★★☆ (ふとした気遣いがいたるところに見える接客です)
イケてる度  ★★★★★ (味、サービス、お値段、すべて大満足)

■ととりべ
中央区銀座6-12-15 ギンザ西山ビル B1
03-5537-5512
[PR]
by tazotea | 2009-07-22 09:32 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【Korean】 平城苑

暑くなると食べたくなる焼肉。本日は、同行者が肉好きとあって、迷いもなく
焼肉をチョイスしました。向かうは、平城苑です。
平城苑は、ランチ焼肉の中でも、かなりオススメ度が高い一軒。
というのも、1,000円で昼間から、焼肉が楽しめてしっかりと満足できるお店
なのです。

e0156839_1549356.jpg暑い中、ふぅふぅいいながらお店へ。見えてきたぁ。。赤いドデカイ文字がぁ。。

チェーン店なので多くの人に愛されているのでしょうが、ここ銀座6丁目店も
大人気のお店、12時過ぎにはすぐにいっぱいになってしまいます。
そして店内も、どちらかというとオシャレ系焼肉やさんなかんじなので、
落ち着いたつくりで、とても清潔。こういうところなら、リラックスできますね♪

e0156839_15494151.jpgオレンジの光の下で、お肉を焼きます。席に着く前から炭が入っているので、顔にもわーんと熱さがやってきます。

ランチメニューは、カルビ膳の1,000円を筆頭に、ロース、カルビ+ロース、
と1,000円で楽しませてくれます。
さらに、お肉が足りないなぁと思うときは、お肉の追加オーダも可能。
えりぴょんは、豚肉好きなので、ここでも、豚カルビ膳をチョイスしました。900円です。

e0156839_15494884.jpg

さぁ、こちらが豚カルビのセット。
お肉もたっぷり、どんどん焼きましょう~!!

焼いている間、お汁やサラダをいただいていたのですが、こういう小さい
サブメニューもちゃんと美味しいところがいいですねぇ。
白菜のキムチもついているのですが、えりぴょん、実はキムチがすごい苦手
なのです。。でも、このキムチを焼肉のタレにつけて食べたら、あーら不思議、
あの臭みと、辛さが消えて、とてもマイルドに。この食べ方をついこの間、発見してから
キムチも克服できるようになりました。

そして、お肉のお味はというと、豚肉の深みあるお味がしっかりとして、
とっても美味です(●^o^●)
豚肉だからでしょうか、ちょっと焦がして、カリカリになっちゃった子も
また美味しい。豚カルビとあって、とってもジューシーなのですが、
ヘンに脂っこいわけでもなく、終始ヘルシーな気分、夏には特にいいですね。
ちなみに、牛カルビももちろん美味です。こちらも牛好きでなくとも、
納得のお味ですぞ。

焼いて、食べて、焼いて、食べて。。
楽しみながら、お話も弾んで、おなかも超いっぱい。
帰りには、歩くのがつらいくらい、おなかが膨れました。笑
お肉の量は男性には少ないかもしれませんが、ランチなら、これくらいで充分です。
1000円でおなかも心も満点、帰りは幸せな気分です♪

お味      ★★★★☆ (豚が好きなの。でも、牛もちゃんとイケるお味。)
雰囲気    ★★★★☆ (焼肉やさんだけど、キレイなところが好き。)
イケてる度  ★★★★★ (昼間からゼイタク気分になれます)


■平城苑 銀座6丁目店
中央区銀座6-13-3 フロンティア銀座ビル1F
03-3544-4129
[PR]
by tazotea | 2009-07-14 23:45 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【Japanese】 ゆうき丸

デデンデンデンデン。今日は、同行者に、ガチガチの魚のお店に連れて行って
もらいました。
ここは、八丈島にもお店があるところらしく、ゆうき丸というのは、
漁船の名前のよう。銀座なので高級店のような雰囲気ですが、キホンは
漁師が取った旨い魚を食べさせてくれるお店というかんじです。

e0156839_17315086.jpgエレベーターを降りると暖簾が見えます。ビルの7階なのに、路面店のような入り口が広がるのがおもしろい

店内は、木がふんだんに使われた個室作りで、それぞれの部屋に畳がひかれ、
和の雰囲気が満点、そして、まだ新しいお店のせいか、木と畳の香りがして、
癒されます。。♪♪

お席の足元は掘りごたつ式のように、穴があいているので、和のお部屋といっても、
とってもラクチン。そんな中、足をばたつかせていたら、なんと足元に、
青竹踏みのような、竹が敷かれているのを発見!
思わず、たって、フミフミしてみました。キモチイイ♪♪

e0156839_17315782.jpgたぶん、ただの装飾なのだろうけど、フミフミもできます。。笑

さて、ランチメニューは、もちろん魚介のオンパレードなメニュー。
海鮮どんぶりから、煮付けから、焼き魚から、はたまた、ウナギまで揃い、
魚が食べたければなんでもいけるというかんじです。
お値段は、さすがチト高級なお店とあって、1050円以上から。
えりぴょんは、まずは定番からと思い、日替わり丼(1,050円)をチョイスしました。

e0156839_1732674.jpgこれは夜の本日のオススメの方のメニュー。毎日、手書きしているらしい。すごい。

それにしても、ここの店員さんであるオジチャンは、めちゃくちゃ売り込んできます。
ランチ土曜日もやっているから来てね♪、夜も最高に美味しいよ来てね♪
お部屋も広げれば20名様は入れます♪と、こちらがちょっとでも興味を示せば、
説明は止まりません。でも、全然嫌な感じがしない、そんな気取らない雰囲気が
いいかんじです。

さぁ、日替わりくんが、やってきました。こちらです。
e0156839_17321338.jpg

おぉぉー!!!!(●^o^●)
とっても豪華な感じではないですか。。!
お醤油をたらりとかけ、さっそく、一口いただきましょう。。!
わぉ。。!新鮮、サックリ、コッテリで、おいぴぃぃぃ♪♪
今日の丼のお魚たちは、バチマグロ、石ガレイ、ワラサ、タコ、姫ホタテ、焼タラコ
とのこと。正直、魚のことは、ぜんぜーん分からないえりぴょんですが、
一体、自分が今、何をお口に入れたのかもよく分かっていないワタクシですが、
どの一口にも、お魚のそれぞれの個性の味がして、とっても美味しい。
実は、生魚が苦手なワタクシでも、ガンガン食べれます。
お魚に味がついているものはほとんどないので、本当に、新鮮さがバツグンなん
でしょうね。おいぴいです!

さらに、サブの煮物やお味噌汁もいいかんじにメインの丼ちゃんを盛り上げてくれ、
満足感はひとしお。おしゃべりもあまりせず、大きなお口で、一気に完食しちゃいました。
同行者は、しきりに、「日本酒飲みてぇー」と叫んでいます。笑
お酒飲めない私ですが、その気分もちょっと分かる気がしました。

e0156839_17322374.jpgこちらは、1,260円の日替わり定食。天ぷらからお刺身までの内容です。


銀座の一等地で、このお値段で、これだけのボリュームと内容はコスパ的にも
ナイスですね。しかも、お部屋も個室で、昼間から畳の香りで癒されまくり♪
ちょっと、旅館に来たような気分で、お部屋とお料理を味わえる、そんなお店でした。

お味      ★★★★☆ (今度は焼き魚も食べてみたいなぁ)
雰囲気    ★★★★★ (畳の上で寝そべりたい。。♪)
イケてる度  ★★★★★ (日替わりが一番オススメ!)


■八丈島 ゆうき丸
中央区銀座8-9-15 ジュエルボックス銀座7F
03-3574-8989
[PR]
by tazotea | 2009-07-10 17:31 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【Japanese】 割烹 山ざき

本日は、健康的な純和風なお料理を食べたくて、山ざきにやってきました。
銀座中央通りから、外堀通り寄りにかなり入ったところにある雑居ビルの3階に
あるこのお店。ビルの1階には、筆で書いたメニューがさらりと置いてあるだけで、
知らなきゃなかなかたどり着かないような、スポットです。
バーやクラブならいざ知らず、割烹のお店なんて、こんなとこにあるのかな。。?
と思いながら、エレベータで3階に下りると、暖簾が見えてきました。

e0156839_10503231.jpg入り口もさりげない。

中はカウンターとテーブル席がいくつかある小さいお店です。
そこに、ご夫婦と思われる店主のおじさんが板場を、おくさんが接客を対応し、
二人でお店を回しています。

e0156839_10504097.jpgカウンターでひとりで料理をつくる店主。調理から盛り付けから何から何まで手際よくひとりでこなしていきます。

さて、ランチのメニューはいつも全部で3種類、お魚・お刺身・お肉と揃っています。
そのうちお肉は大概、豚の角煮のことが多いのですが、お魚は、日によって変わります。
本日は、カレイの唐揚げと聞き、迷いもなく、ワタクシはお魚をオーダーしました。
お値段は、1,000円です。

ここのランチセットのすごいところは、メインが登場する前にサブのお料理が出てくる
のですが、このお料理たちがとっても豪華で不思議なところ(●^o^●)
サブメニューもだいたいいつも同じなのですが、必ず並ぶのが、
おふの煮浸しのようなものと、豆乳を寒天で固めたというもの。
おふは、とにかく、ダシがみっちりしみていて、一見温かいお料理に見えるのですが、
実際は、とっても冷えていて、不思議と美味しい。ダシのじゅーっとしているところを
最大限に味わえる、そんな一品です。
そして、寒天の方は、寒天らしく歯ごたえがしっかりしているのですが、すぐにホロっと
壊れてしまう、とってもデリケートな子。薄味なので、周りのだし汁とともにいただきます。
こちらも、割烹ならではの一品ってかんじですが、生姜味の鶏肉や、味噌汁などは、
とても家庭的な味で落ち着きます。

e0156839_1051041.jpg手前がおふの煮浸し。右上の白いのが豆乳の寒天で固めたやつです。最初は何だか全然分からなくて、イチイチ、お店の人に、これは何ですか?と聞いていました。


さぁ、メインのカレイがやってきました。
e0156839_10511342.jpg

こちらは、骨が立派で、食べる部分は見た目ほど多くはないのですが、魚のうまみが
しっかりと唐揚げにのっていて、美味。
なかなか、カレイの唐揚げなんて食べれるところはランチ時には少ないので、
こういうのが食べれるだけで、うれしくなりますよね。

e0156839_10512182.jpg同行者のお刺身。美しく盛り付けられています。

さすが、割烹のお店とあって、手が込んだ一品一品に楽しませてもらいます。
お店を回すおばちゃんもとても気さくな方で、お料理は一品なのですが、お家に
帰ったような、気軽な雰囲気もいいものです。また、健康アイテムが足りないー!と
思ったときに、やってきますね。

お味      ★★★★★ (見た目は不思議でも味はイケてます)
雰囲気    ★★★☆☆ (堅苦しさはゼロで、ゆっくりいただけます。)
イケてる度  ★★★★☆ (帰るときには、一気に健康になった気分)


■割烹 山ざき
中央区銀座8-5-1 プラザG8 3階
03-3571-6778
[PR]
by tazotea | 2009-06-23 23:11 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【Italian】 IL PINOLO

今日は送別会ランチです。
送別会のランチとなると、会社のみんなで向かうので必然と汐留近辺の
お店になることが多いのですが、本日は、主役のイタリアンが食べたい!という
要望に応えて、銀座のイル・ピノーロに来ました。

ここは有名店にもかかわらず、ランチ時はいつ来ても空いていて、結構な穴場。
えりぴょんも、たまーに贅沢ランチをしたくなったときに来ます。

e0156839_195065.jpg写真が上手に撮れなかったのが残念。窓際の席は、太陽の光がさんさんと降り注いで、気持ちいい。

e0156839_195768.jpg店内はとてもシックなつくりで、さすが高級なお店だけあります。写真がこれまたイマイチで、ごめんなさい。苦笑。

ランチメニューは、コースによって何種類も用意されていますが、やっぱりランチ
なので、気軽に、いつも一番安いコースのパスタランチをチョイス、お値段は、
1,300円(+10%のサービス料)です。
このパスタコースは、サラダかスープの好きな方、パスタは4種類の中から選べます。
えりぴょんは、サラダをチョイス、パスタは4種類のうち、2種類が
+315円だったため、結局、選択肢は、トマト系か、ペペロンチーノ系の
ふたつとなり、トマト系をチョイスしました。

送別会ランチだと、ランチだから夜に比べれば格段に安いのだけど、
ランチという印象もあって、やっぱり、ご招待者の分も含めて一人の負担分が
2000円以下にしなきゃとなんとなく幹事さんが考えているかなぁと思い、
結局、こういうときには、+315円の商品はみんな避けてしまうところですよね。
そうすると、結局、4種類の1300円のパスタランチとうたいながらも、
選択肢は2種類しかないし、さらにサービス料がかかるし。。となり、
お店のメニューもうちょっと値段が明快で、+315円とかでなく、固定的
ならみんな選びやすいのになぁなんて思います。

さて、ワタクシは、サラダをチョイスしました。
サラダは、有機野菜に、バーニャカウダーのようなニンニクの効いたドレッシングで
美味!サラダ一品に楽しませてくれるところは、さすがです(●^o^●)

e0156839_1951585.jpg白いキャンバスに絵が描かれたようなサラダ。サラダが美味しいと、ドキドキします♪


そしてメインはトマト系のパスタです。パスタはパスタなのですが、
この形のパスタ、なんだろう!?
e0156839_1952759.jpg

なんか、バネのような、ぐるぐる巻きで、びよよーんと伸びるかんじのパスタなのです。
この形のパスタを食すのは生まれて初めて!
お味は普通のパスタですが、びよよーんだけあって、トマトソースがパスタに
非常によく絡み、パスタ全身にトマトソースがまとっているかんじです。
ただ、ちょっと残念だったのは、お味はごく普通なかんじだったところ。
パスタの形状だけでなく、お味も新しい発見が欲しかったなぁ。。

よくよく考えてみると、イルピノーロって、いつもパスタが実は、そんなに
美味しいほどではない、というかんじ。もちろん、一流店だから美味しいのだけど
普通といえば、普通のお味のことが多いのです。

最後に、コーヒーを飲んで、ふぅと一息。
お料理に大満足というわけではないけど、サービス料10%取るだけの
サービスというより世界観かなぁ、白いテーブルウェアにパリっとしたナプキン、
そして、キリリとした雰囲気、そういうものトータルで考えて初めて、ここに
来る価値がある気がします。

お味      ★★★★☆ (毎回思うのだがパスタは意外にフツー)
雰囲気    ★★★★★ (店員さんの接客もいいものです)
イケてる度  ★★★★☆ (贅沢ランチをしたくなったときの1店)

■IL PINOLO
中央区銀座7-8-7 GINZA GREEN 9F
03-5537-0474
[PR]
by tazotea | 2009-06-19 23:04 | ランチ@銀座(6-8丁目)

【洋食】 あづま

洋食って、ときどき無性に食べたくなりますよね。。!
ワタクシ、洋食大好きなので、本当に、食べたい症候群に突然
襲われたりします。本日は、数ある銀座の洋食やさんの中でも、
超お手軽系のこちら、あづまに来ました。

バーニーズの近くにあって、場所柄はハイソな感じなのですが、
このあづまは超庶民的で、ランチ時にはサラリーマンでいっぱいです。

e0156839_11281544.jpg席は1階と地下にもあります。古めかしいつくりで、キレイ!ではないけど、街に根付く洋食屋さんというかんじですね。

看板メニューは、なんといっても、オムライス!
このオムライスは、そこまで評価が高いわけではないですが、あづまといえば、
オムライス!ということでもう定着しています。
今日のえりぴょんも、迷わず、オムライスをオーダー。1,000円なり。
オムライスには、一品、好きなおかず(トッピング)を追加ます。
ハンバーグや、エビフライや、一口ステーキと中々リッチなおかずが
並ぶ中、えりぴょんは、大好きなカニクリームコロッケをチョイス。
さぁ、カニコロが載って出てきました♪
e0156839_11284725.jpg

おおー、卵がトロトロトロトロになっています。。!そして、カニコロちゃんは、
2つのっているよー、わーい♪♪
では、まずはオムライスの方にスプーンを投入します。
わぉぉぉ!ふわふわです(●^o^●)
お味は、卵のやさしい柔らかさがそっとご飯を包んでくれて、おいぴいぃぃ♪
デミグラスソースも濃すぎず、でもしっかりと卵のやさしさをバックアップしてくれる
味の主張があって、デミ・卵・ご飯の3つがハーモーニーを奏でています。
写真の通り、盛りつけは結構、豪快で、あまりお上品系ではないのですが、
お味は盛りつけ以上に繊細です。
キャベツもほそーく切ってあるので、ご飯と合わせながら一緒に楽しめます。
名店の一品というにはちょっと庶民度が出てしまいますが、笑顔でもぐもぐ食べれる
そんなオムライス、幸せな気分になりました。

e0156839_11285648.jpg同行者がオーダーした牛のじゅーじゅー焼きは、野菜たっぷりで健康的


お味      ★★★★☆ (40年の老舗のお味は素朴でやさしい)
雰囲気    ★★☆☆☆ (古くてちょっと狭いのが残念でしゅ。)
イケてる度  ★★★★☆ (昔ながらの庶民的な洋食もまた良し)

■あづま
中央区銀座6-7-6 西六ビル1F
03-3571-0392
[PR]
by tazotea | 2009-06-17 22:29 | ランチ@銀座(6-8丁目)